ワキガ治療法



多汗症の治療は以下の3つに大別されます。


1..薬物治療


2.施術療法


3.認知行動療法

汗っかき・ワキガ・多汗症にお悩みなら
汗っかきの原因と対策【多汗症】の悩み解消法
久保田式多汗症改善7日プログラム


1.薬物治療

  @抗コリン薬
   神経の働きをブロックする神経遮断薬で、発汗を抑えます。
   (メリット)手軽に服用できる
   (デメリット)全身の神経に影響を与えることによる副作用

  Aグランダキシン
   自律神経を調整し、発汗を抑制します。
   (メリット)眠気、ふらつき、めまい、吐き気、便秘等の副作用

  B塩化アルミニウム塗布剤(オドレミン)
   (メリット)塗るだけなので手軽
   (デメリット)一時的な対処療法である


2.施術療法

  @ボトックス注入
   気になる部分に注射し、神経をブロック、汗腺の働きを抑える
   (メリット)手術よりも手軽で日帰り可能
   (デメリット)効果の持続が3〜6ヶ月程度で、効果も個人差あり

  Aイオントフォレーシス
   水中で手や足裏に微弱電流を流すことにより発汗を抑える
   (メリット)手軽で安全、副作用がない
   (デメリット)週1回定期的に通う必要がある

  B超音波法
   アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を超音波で破壊し、取り除く
   (メリット)手術痕が小さく時間も30分で比較的安全
   (デメリット)適応範囲がワキと陰部に限られ、再発も懸念される

  C星状神経節ブロック
   頚椎に局所麻酔を注入、自律神経の回復を図り、発汗を抑える
   (メリット)全身状態も改善される
   (デメリット)上半身のみ、効果は数ヶ月、効果も個人差あり

  D交感神経切除術
   交感神経を根元で切断する
   (メリット)手術痕も小さく、時間は30〜40分程度
   (デメリット)全身麻酔、術後、手術部位以外から大量発汗も  


3.認知行動療法

精神性発汗に有効です。

認知行動療法の自律訓練法リラクゼーション法を取り入れ
自律神経の改善を促し、発汗を神経レベルで抑制します。

最大のメリットは、手術せずに自宅で行うことができることです。


多汗症の治療 は様々です。

メリット、デメリットを考え、外科的治療や心理療法を組み合わせ
自分に合った治療法を見つけることが大切です。
 

久保田式多汗症改善7日プログラム
汗っかきの原因と対策【多汗症】の悩み解消法

タグ:ワキガ
posted by ワッキーはつむじ風 at 17:36 | Comment(0) | ワキガ治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。